ほろ酔いで徒然

日々のたわいのない徒然な出来事を
ほろ酔い状態で書き綴ります。
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | | - | - | pookmark |
coba@名古屋ブルーノート
JUGEMテーマ:LIVE! LIVE! LIVE!
12月10日、名古屋ブルーノートに
アコーディオンのcoba氏が参上! 


「すごい!!!」
「素晴らしい!!!」

唄わないのに音だけで感動できます。

あのアコーディオンはコードないけど
アンプとつながっているのかしらん???

会場が震えるほどに、アコーディオンの音が
ズンズンと身体に響いてきます。

テレビなどでお馴染みの曲もたくさん演奏してくれたし・・・

パワフル、エネルギッシュで、セクシーに(?)
光の中で飛び散るcobaさんの汗も見えました。

ギター、ドラム、ベースのバンド3人さんも
良かったし・・・
とにかく、感動的なひと時でした。

来年も、(と言わず、もっと早くてもいいけど)名古屋へ
来てくださいね〜。
(Zeppとかにも来られているらしいけど、ブルーノートくらいの
サイズの箱で、間近で身体に響くような演奏を聴きたいです!)

| 楽しむ(音楽編) | 14:34 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
おけいさん IN 四日市
JUGEMテーマ:70年代・80年代


3月15日(日)19:00〜
@ガリバー IN 四日市

元・六文銭、現・まるで六文銭(まる六)、
そして、まる六改め「六文銭 '09」のメンバー
四角 佳子さんのソロライブへ行ってきました。

JUGEMテーマ「70年代、80年代」に
投稿していますが・・・
六文銭はギリ70年代?

その頃、幼児だった私は当然ながら
当時を知りませんたらーっ

が、相方に連れられて
及川恒平さんのライブに何度も
行っているので・・・ファンとしては
新参者ですが・・・馴染んだ歌も沢山あります。

さて、さて、
おけいさん登場です。


準備中のおけいさん


「はじまりはじまる」からスタートです拍手

・雨の言葉
・ただ暖かくからっぽに
・うれしくて
・一緒に帰ろう
・小さな空
・雨が空から降れば
・猫の歌
・ガラスの言葉
・ホワンポエルの街で
・What a wonderful world(小室等さん和訳バージョン?)
・インドの町を象に乗って(アンコール曲)

などなど・・・
ごめんなさい、何曲か抜けてると思いますひやひや
あと、題名間違ってたらごめんなさい・・・
歌の順番は確実に間違っていますムニョムニョ

とりあえず、あるだけの
写真を掲載しとこ。


歌の合間では
ブログNGの裏話もしてくれましたウィンク




私が一番最初にまる六に出会ったのは
相方に連れられて出かけた
数年前の今池トクゾウでのライブ。

その時に「インドの町を〜」を聞いて
楽しい曲で「おもしろ〜い」って
私にまる六を印象づけたんです。

でも、おけいさんがいないと聞けない曲なんで
久し振りに「インドの〜」が聞けてうれしかったぁラッキー

アンコールになるまで「インドの〜」が
出てこなかったので
「今日は唄わないのぉ〜」と
少々心配したのでした。

おけいさんのソロライブに行くのは
初めてでしたが
やわらかくて透明感のあるおけいさんの声に
癒された時間でしたグッド

でも、前座が長いよ・・・泣き顔
あれ何とかならんもんですかねぇ?








| 楽しむ(音楽編) | 12:05 | comments(2) | trackbacks(0) | pookmark |
こへさんライブ IN 四日市
JUGEMテーマ:LIVE! LIVE! LIVE!

我が相方に連れられて
まる六のライブ@今池 得三に行ってから
どれくらいの年月が経ったでしょう。。。。?

名古屋及び四日市近辺へ
こへさんがいらっしゃる時は
極力ライブを訪問している我等夫婦です。
(相方だけ行くこともあるケドね)

1月24日(土)は
こへさんが四日市へはるばるライブに
来られましたグッド

まる六や、こへさんについて語る資格は
私には無いので、ご存じない方は
ウィキペディアか何かで「まるで六文銭のように」か
「六文銭」か「及川恒平」で検索して
学習してくださいたらーっ

こへさんが四日市へ来られるのは
2年ぶりくらいでしょうか・・・

今回は四日市市采女町にあるライブハウス
「Galliver(ガリバー)」さんが会場でした。
吹き抜けの天井が高いウッディーな店内です。

Opening Actには四日市をベースに
活動をされているという
23ごうせんKOBAさんを迎え・・・

ごめんなさい困惑
私的には「早くこへさんを出せ〜」と
思っちゃいました。

さぁ、こへさん登場で〜すラブ






すみません、何とか掲載できるレベルの
写真がこれくらいしかありません・・・泣き顔

既に、こへさんが何をどんな順番で歌ってくれたのか
思い出せない有様です・・・撃沈

でも、ステージから下りて、
店内を縦横無尽に動いて・・・
2階のロフト?まで登っちゃったり・・・
生声・生音で歌ってくれたりもして
楽しませてくれましたぴかぴか

一緒に歌えそうな箇所は一緒に歌おう!って
こへさんは皆を誘導します。

ここは「歌声喫茶!?」状態です。
あ、本当の「歌声喫茶」がどんなトコか
知りませんが・・・
何となく皆で一緒に同じ歌を歌うイメージ?

私が好きな歌の一つでもある「夏ふたり」も
歌ってくれたし・・・拍手

フォークソングも、それを歌ってる歌手の方々も
未だに・・実は・・興味の範疇外・・ではありますが・・・

すっかり、こへさん大好きですときめき

また、名古屋か四日市及び近辺へ
お越しいただけるのをお待ちしております。

そんな関係でちょっと宣伝。

まる六のメンバー四角佳子さんも
Galliverさんでライブをされます。

3月15日(日)PM7:00〜

詳細はガリバーさんのHP等で。
http://www.galliver.gr.jp


おけいさん(←と、私が呼ぶのは憚られますが・・許せ)の
昔も当然ながら私は知りませんが、ステキに年齢を重ねて
いらっしゃいますグッド
初めてお目にかかった時はびっくりしましたもん。
美しくて〜私もあんな風に年を取りたい!(手遅れ??)

「インドの街を象に乗って」がお気に入りの私です。

これ、おけいさんがいないと聞けないんだよねぇ。

まる六のライブを名古屋でやって〜パンチ




| 楽しむ(音楽編) | 21:56 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
ブルーノートへ行きました。
JUGEMテーマ:LIVE! LIVE! LIVE!

久し振りに名古屋ブルーノートへ
行きました。

中西保志氏のライブです音楽

CD「STANDARDS3」の発売を記念してという
名目でした。


実は昨年も中西氏のライブ@名古屋ブルーノートには
行っているのです。

彼の「最後の雨」が好きでして・・・

昨年のライブで「最後の雨」を聴いて
泣きそうになりましたポロリ

同行の相方には申し訳ないけど
昔の色々を思い出したりしますねぇ・・・ポロリ

いいじゃん、今は幸せ?に暮らしてんだから
過去ぐらい、たまには振り返っても・・・思い出なんだから・・・
って、何を言い訳めいたコト言ってんだぁ・・・ムニョムニョ

で、今年も名古屋ブルーノートにいらっしゃるということで
行ってきました。

事前に「STANDARDS2」と「3」両方買って
予習もばっちりグッドです。
(当然ながら「1」は既に入手済みイヒヒ

見た目はどっかの会社員のおっさんみたいな(ごめんなさい)
中西さんですが、やっぱり歌声はステキですハート大小

恋の始まりから終わりまでをテーマに
「STANDARDS」から選曲した構成で、
良かったですぅ拍手

もちろん「最後の雨」はお約束です。
私的には3回くらいリピして欲しかったくらい。

でも、今回はお客の入りが少し寂しかったです・・・[:がく〜:]

昨年は1日2ステージで、売り切れ・・満席だったのに。

今年は2日間4ステージで、私達が行ったのは
1日目のセカンドステージだったのですが、
空席が少し目立ちました・・・ひやひや

私達はサイドのカウンター席に座ったのですが、
両隣は誰もいないので、中西氏が横に視線を送ると
まるで私を見てくれているよう・・・(錯覚!?

終始、テーブルにお祈りスタイルで手を組んで
前のめりで中西氏の歌に没頭しました。

「3」までカバーアルバム出しちゃったし、
この客の入りにメゲて、来年は来てくれないんじゃないか?
危惧してます。

「最後の雨」や「LAST CALL」などの
オリジナル曲もステキなんだから・・・
それで来年も名古屋に来てくださいね!






| 楽しむ(音楽編) | 21:15 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
こんなライブに行きました。
LIVE! LIVE! LIVE!

先週の日曜日の夜です。

相方が知人に誘われたので
私もくっついて聞きに行きました。

モダン・トルバドゥール・ピアニスト(←何??)
Drew De Four(ドリュー・ディー・フォー)氏の
初来日ライブです。

モダン・トルバドゥールとは直訳すると
「現代的吟遊詩人」ということらしい。

ドリューはデトロイト出身の若干25歳。
音楽も独学らしいです。

初来日ライブということで、
横浜、下北に続いて名古屋は八事の
POPCORNと言うライブもできる喫茶店みたいな
こじんまりとした会場で。

相方曰く音楽の分野としては「ロック」だって。

ロックっぽくもあるし、ジャズっぽくもあるし・・・
それ以外のものでもあるような・・・
なピアノ弾き語りです。

2メートル?近い長身のドリューが
体をかがめるようにしてアップライトピアノに
向かってパワフルに弾いている姿は
ちょっとカワイイたらーっ

でも、パワフルなピアノと
ステキな声で・・中々良いではないですか拍手
結構好きかもラブラブ

また、このライブを主催したHOY-HOY RECORDSでは
ライブ音源をその場でCDに焼いて販売してくれます。
その時の感動をそのままお持ち帰りできます。
それもおもしろいなぁ。と思いました。

ドリューの名古屋ライブのCDは
画像の右側のものです。
もちろん、サインしてもらいましたグッド

楽しかったです。

<参考>
HOY−HOY RECORDS
www.hoyhoy-records.com
| 楽しむ(音楽編) | 14:39 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
CALENDAR
S M T W T F S
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930 
<< June 2017 >>
SPONSORED LINKS
RECOMMEND
SELECTED ENTRIES
CATEGORIES
ARCHIVES
RECENT COMMENT
モバイル
qrcode
LINKS
PROFILE