ほろ酔いで徒然

日々のたわいのない徒然な出来事を
ほろ酔い状態で書き綴ります。
<< 鹿児島へ(その  | main | 鹿児島へ(その) >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | | - | - | pookmark |
鹿児島へ(その◆
JUGEMテーマ:旅行
さて、指宿へ向います。

指宿までは「たまて箱」という特急観光列車がありますが
予約が取れないので「普通電車」で1時間強の移動です。

ランチで飲んだビールのせいでトイレに行きたくなった私。
でも、途中下車しちゃうと次の電車まで小一時間は待たないといけない。。

たった2両の鈍行電車じゃ、トイレ無いだろうし・・・

しかも止まる駅、止まる駅が小さくて・・・時には無人駅で・・・
トイレあるの??状態。
でも指宿までガマンする自信も無くなってきて・・・
で、急行も止まる比較的大きめの駅のホームにトイレがあるのを確認して
降りた・・・・で、今乗ってた電車の隣の車両を何気に見たら
「あ、車内にトイレある!!」・・・で、再度飛び乗った(笑)

なんだ。。。。あったじゃん・・・・
でも、私たちが座ってた場所から見た時は判らんかったのよね・・・

そんなこんなで指宿到着〜。

今夜のお宿は「吟松」さん
お部屋(601号室だったかな)はこんな感じ↓

オーシャンフロントと言ってもいいし・・・最上階の角部屋で露天風呂付き。
手前はツインのベッドルーム。
気に入ったのは窓際にあるデイベッド。
使ってある生地の柄は全くセンスなし。だけど・・・
窓際で景色を見ながら・・・またはテレビを見ながらゴロゴロできる。
良いです。

さてさて、指宿と言えば砂蒸し風呂。
宿から歩いてすぐの砂蒸し風呂会館「砂楽(さらく)」へ。
タオル付き¥1,000・・・・吟松のフロントで買えます。
ホテルの浴衣を着て、バスタオルはホテルのを持っていっていいそうです。

ホテルから海岸沿いの遊歩道へ出てブラブラ歩くこと2〜3分で
砂楽へ行けます。

初砂蒸し・・・想像してたより汗はかかなかった。
けど、砂の重みのせいなのか・・・手足の指先まで「ドクドク」という自分の鼓動が
伝わってきて・・・不思議な感覚でした。

1回¥1,000じゃなかったら、また入りたいかも。

まだまだ続くよ。

| 出かける(国内編) | 21:00 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
スポンサーサイト
| - | 21:00 | - | - | pookmark |
コメント
コメントする









この記事のトラックバックURL
http://sachi-horoyoi.jugem.jp/trackback/259
トラックバック
CALENDAR
S M T W T F S
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031   
<< May 2017 >>
SPONSORED LINKS
RECOMMEND
SELECTED ENTRIES
CATEGORIES
ARCHIVES
RECENT COMMENT
モバイル
qrcode
LINKS
PROFILE